肥料成分の働き

肥料成分等の働きについて、フマキラー(株)の「カダン 園芸情報」に良くまとまっていましたので、引用させて頂きます。
肥料や活力剤を選択する時は、その成分についてもしっかり確認しておくことも必要かと思います。

三要素とは

成分 はたらき 欠乏すると
窒素(N) 植物の体を構成するアミノ酸、たんぱく質、葉緑素などのもとになり、植物を大きくして葉を繁らせる。 葉が黄色くなって根の機能が低下し、全体的に生育不良となる。
リン酸(P) 植物が光合成や呼吸のためのエネルギーを蓄える物質(ATP)のもとになり、特に花や実の生育に関与する。遺伝情報に関与する核酸という物質を構成する。 葉が暗緑色となって下葉から枯れはじめ、花や実のつきかたが悪くなる。
カリ(K) 光合成の能力を高めてリグニンやセルロースを多量に生産させ、植物体を丈夫にする。特に、根の生育に関与する。植物体内の水分などを調整して、物質代謝をスムーズにする。水分の蒸散量をコントロールする気孔の開閉に関与し、植物体の温度調節を行って耐寒性・耐暑性を高める。 光合成の能力が衰えて根の発育も悪くなり、下葉から黄色く変色して枯れ始める。

TOPへ

微量要素

成分 はたらき 欠乏すると
マグネシウム(Mg) 葉緑素を構成するもとになり、光合成作用を盛んにする。 下葉から黄色くなる。
マンガン(Mn) 植物体内での多くの酵素反応や光合成に関与する。 葉が褐色化し、種子がつきにくくなる。
ホウ素(B) 細胞壁を構成する成分の生成や、植物体内での移動に関与する。 生育異常を起こす。
カルシウム(Ca) 植物体の構造を維持し、酵素のはたらきを助け、pHや浸透圧を正常に保つ。 生成の盛んな部分(新葉、根)の発達が阻害される。
銅(Cu) 各種酵素を構成するもとになり、呼吸反応にも関与する。 新芽や新葉が生育不良となる。
亜鉛(Zn) 各種酵素のはたらきを助ける補酵素のもとになり、植物ホルモンの生成にも関与する。 茎や葉の生育が阻害され、草丈が伸びなくなる。
モリブデン(Mo) 植物体内でのチッソの利用に関与する。 葉が黄色くなって枯れる。
ケイ素(Si) 植物の組織を丈夫にし、病害虫の侵入から組織を保護する。 トマトでは受精結果不良を起こす。

TOPへ