記事一覧

灰色かび病(ボトリチス病)

灰色かび病は、灰色から灰褐色のかびが生え、組織が腐っていきます。
冬の開花時期に風通しが悪いと発生しやすく、特に、ビニールハウスや温室(10℃~20℃)で多湿で栽培されているものは注意が必要です。
クリスマスローズの場合、地際に発生しますが、これは、古葉取り等によって地際に水が貯まりやすくなるためかと思われます。
また、花びらにも発生することもあります。病菌の進入は、害虫の囓った傷口や衰弱した組織からが多いです。
また、窒素肥料を多用すると、軟弱に育ちやすく、発病し易いと言われています。

予防としては、風通しを良くすること・・・薬はロブラール、ダコニール、マンネブダイセン等を撒布します。
ベンレートは耐性ができているようで利かない場合があります。
いずれにせよ、数種類の薬剤を交互に撒布した方が効果的です。